一句の風景

緑陰や主の影なき車椅子

太宰府の観世音寺の西隣に鑑真和上開基の戒壇院がある。
この戒壇院は日本三大戒壇院の一つで、西戒壇院や筑紫戒壇院とも呼ばれた。
その戒壇院で地元の愛好家によるリコーダーのコンサートがあった。
悠久の寺院でのコンサートで、心が洗われるような気持ちになったものだが、ふと見ると庭の隅に誰も乗っていない車椅子があった。
福祉ボランティアの方が、障害者の方を案内されてきたのである。
その優しさに惹かれて賜った句である。
2010年(平成22年)7月「季題:緑陰(夏)」

018_20130730065643.jpg 019_20130730065649.jpg
028.jpg 029.jpg


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/63-312a7546

 | BLOG TOP |