西公園吟行

今回の百年句会は桜には少し早い西公園が吟行地であった。
西公園は太宰府や大濠公園と共に吟行でよく訪れる場所で、公園の何処に何があってどこにどのような碑が立っているか、季節によって何処にどのような花が咲いているかなど隅から隅まで頭に入っている。
今日の西公園は昨夜からの雨も上がり温かく絶好の吟行日和であった。
そのような日和の中で私は春の句材を見つけることにしたが、なかなか思うような光景に出会えることはなかった。
それでも辛抱して歩いていると、桜、椿、蒲公英、霞む海とよく探せば結構見つかるものである。
句会の成績は散々であったが、そのような中でかろうじて入選した一句をご紹介しよう。

 踏青や師弟の会話弾みたる  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/680-5f9ab99d

 | BLOG TOP |