彼岸

今日は彼岸のお中日である。彼岸を迎えると必ず思い出すことがある。
私の実家の庭には小さな祠があり今でも弘法大師をお祀りしている。私たちは親しみを込めて「おこぼさん」と呼んでいた。たぶん弘法大師が訛ったものであろう。
そのおこぼさんに彼岸になるとたくさんのお遍路さんがお詣りに来て、私たちは家族総出でお茶やお菓子を出してお接待に追われた。
また逆に母に連れられて近くの村々にお遍路したこともあった。
私が小学生ぐらいの時でなぜお詣りするのか意味が分からず、途中できついとか喉が渇いたとか駄々をこねて母を困らせた記憶しかない。
いま思えば本当に罰当たりな少年であった。

 装ひに迷ひし彼岸詣でかな  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/683-1dc26a6a

 | BLOG TOP |