春火桶

薔薇の芽と同時に出された兼題が春火桶であった。
火桶とは火鉢のことで、いまのようにエアコンが発達していなかった頃は炬燵とこの火鉢が主要な暖房器具であった。
当然季題としては冬になる訳だが、冬が終ったからと言ってすぐに引っ込んでしまう火鉢ではない。
春になってもしばらくは寒さが残るし、温かくなっても急に寒さが戻ってきたりする。そのようなときに活躍する火鉢のことを春火鉢と言って春の季題にしているのである。
春火鉢と言えば思い出すのが、先日行った柳川の川下りである。
まだ風の冷たい時期に川下りではこの火鉢、つまり春火桶が欠かせないからである。
例によってこの日の特選句をご紹介しよう。

 春火桶積んで出を待つどんこ舟  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/687-f813a12b

 | BLOG TOP |