会員のつどい

一昨日、所属しているシルバー人材センターの会員のつどいが開かれその司会を私が担当した。
このつどいは年に一回会員の親睦と交流を図る目的で開催されるもので、大勢の会員が参加した。
公式のかた苦しい議題のあとはこれも恒例のアトラクションで、今年は博多にはかと落語であった。
そのなかの博多にはかは所属する会員によるもので、その軽妙な語りや仕草で会場は大爆笑であった。会員の中にこのような才能の人がいるとはまさに驚きである。
また、落語はセミプロの笑っ亭風太郎さんの「長屋の花見」であった。お馴染みの沢庵をかまぼこと称し、番茶のお酒で酔った振りをする話などは何度聞いても面白いものである。
麗らかな一日久し振りに大口開けて笑ってしまった。

 うららかや大口開けて笑ふ婆  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/688-d6a6c65f

 | BLOG TOP |