冬野四月号

ホトトギスの廣太郎主宰のブログ「今日もホトトギス社で・・・」ではないが、今年ももう四月かと毎回同じ言葉を述べてしまいたくなるほど月日の経つのは早いものである。
その四月の俳誌冬野が届いた。
毎月連載している冬野の随筆「吟行あれこれ」では、今月は花の「西公園」を紹介しているので一人でも多くの人に読んで貰いたい。
例によって冬野を始めその他の句会の入選句をご紹介しよう。

冬野四月号
 寒雀鳴き声までも丸みをり
 万両を活けて慶事のありしこと
 蝋梅の蕩けさうなる日射かな
 一誌継ぐ決意語る師初句会
 おみくじを少し信じて明の春
 もろ肌を脱いで老師の寒稽古
 風花の光の中を子ら駆くる
 博多とて日本海沿ひ風花す
 絵馬に絵馬重ね祈願の梅の宮
 紅梅の顔の高さに匂ひけり
 紅梅や色香てふもの男にも
 青春を過ごせし街や茂吉の忌
冬野インターネット句会
 天にゐてこその雲雀でありにけり
俳句ステーション
 鶯の声にダム湖の雨上がる
 春風や路面電車のきしむ音
 恋猫につれなき月の明りかな(特選)
愚陀佛庵インターネット句会
 雨音に金を叩かれ金縷梅
NHK俳句入選
 下萌や窓開け走る二階バス

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/698-04068e0c

 | BLOG TOP |