都草

聞き慣れない名の花、都草が今回の兼題であった。
師は時々このような耳新しい季題を出すことがある。全て勉強のためであろうか。
とは言え、私自身都草なるものを久しく見たことはない。最近見たこともないものを詠めと言うのだから酷な話である。
耳元で師がそっとつぶやいた。「自分も最近都草を見たことはない。昔見た都草か、似たような黄色い花を連想して詠めば」。
私は少し気持ちが軽くなり、都草の写真とその花の名の謂れを頼りに句を詠んだ。
こんな経験は初めてで何とか句らしいものを作ったが、出来れば目に見えないものだけは詠みたくないと思ったものである。
その連想の特選句をご紹介しよう。

 配流地の雨に明るく都草  英世

都草2 都草

スポンサーサイト

コメント

都草、初めて知りました。

大津様、【都草】というのがあるのですね。
紫の都忘れは大好きな花ですが、都草は知りませんでした。

これから気を付けていれば、巡り合えるかもしれませんね。
会ってみたいです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/7-a29f19a8

 | BLOG TOP |