草取りの季節

昨日と一昨日は今年初めて庭の草取りをした。
冬の間は草もあまり伸びないだろうと高を括っていたところ、玄関横の駐車場周りと南側の狭庭にびっしり草が茂っていた。
草も生き物だから伸びるのは当たり前だが、草取りに苦痛を感じている私には憎たらしいばかりである。
しかし、よくよく考えてみると吟行をする時などは、季節の草花を見つけては、やれ犬ふぐりだの、踊子草だのと親しく句に詠んでいる。
それだけに、庭の草にも同じように愛情を注がねばならないのだろうが、凡人の哀しさか私はどうもそこまでは人間が出来ていないらしい。
隣の娘の家の草取りもしてやらねばならないし、これからこの可愛らしい?草たちとの長い長い戦いが始まる。

 草引くや棘ある草に指噛まれ  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/712-a2730c46

 | BLOG TOP |