ミュージカル「ファーブル昆虫記」

昨日は愛莉とアクロス福岡シンフォニーホールに、ミュージカル・ファーブル昆虫記「ムシたちの四季」を観にいった。愛莉とこの夏休み最初のデートである。
このミュージカルはあの有名なファーブルの昆虫記をベースに、子供向けの楽しいミュージカルに仕立てたものである。
そのあらすじを主催者の言葉でご紹介しよう。
「みんなが知っているムシたちの、だれも知らないものがたり。
森に緑の春がやってきました。ムシもケモノも草花たちも、みんな一斉に目を覚まし、動きはじめます。
コガネムシのカップルも朝から晩までせっせと働いています。ひとりぼっちだったキツネ君も、森のムシたちと友達に。アリやチョウ、クワガタのおじさんや、むじゃきなテントウムシ、ゆかいな仲間たちは楽しく暮らしていました。
季節は夏から秋、そして冬へと流れていきます。やがてムシたちは、その短い生涯を閉じる日を迎えます。新しい生命に未来を託して…。」
小学一年生に理解できるか不安であったが、愛莉は初めて観るミュージカルに興奮気味に目を輝かせていた。もちろん私も。
その後愛莉と楽しい食事会であったことは言うまでもない。

 ミュージカル愉快な虫のものがたり  英世

001_201308080647034c7.jpg

スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

小一の愛梨には少し難しいかとは思ったのですが、よく理解してくれたようです。
たまには子供にこのような転生流転の話もいいのではないでしょうか。

ファーブル昆虫記、子どもに読み聞かせていました。
懐かしいです。
ミュージカルもあるのですね。
愛梨ちゃん喜んだことでしょう。
夏休みの宿題や、絵日記などにもとてもいいですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/74-bc23669e

 | BLOG TOP |