繍毬花

雪柳と見紛うごとく白く紫陽花のように丸く咲き乱れるのが繍毬花である。その繍毬花が今回の兼題であった。
花の形は紫陽花に似ているが、紫陽花の花が額であるのに対し、繍毬花は正真正銘の花弁である。
また、別名大繍毬とも呼ばれるが、これはただ花が多きいからの異名で、他に小繍毬や藪繍毬などもある。
中国原産の園芸品種で湿気を含んだ肥沃な土地を好み、やせた土地や乾燥地では育ちが悪い。そう言った意味では日本の風土に適応したのか、公園や庭先などでもよく見かけることがある。
実は先月末に植物園でこの大繍毬の花を見ることができた。その時の花の清楚さに感動して詠んだ句の中から、この日の特選句をご紹介しよう。

 手の平に軽く弾ませ繍毬花  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/746-3ffae506

 | BLOG TOP |