鯖は私の好きな魚の一つである。その鯖が先の繍毬花と同時に兼題に出された。
鯖は鰯と共に庶民の食卓を飾る代表的な魚で、安くて美味いのが特徴である。
ただこの魚は痛み易く、生で食べると食中毒を起こすことがあるので、一般的には焼くか煮つけにしたりして火を通すのが常識となっている。
ところが博多や大分など北部九州では古くからこの鯖を生で食べる習慣があった。獲れたての新鮮な鯖なればこその生食であろう。
そのまま刺身にして食べたり、酒、みりん、醤油に浸けた刺身の鯖にごまを振りかけたごま鯖にして食べる。
そのごま鯖は博多の郷土料理で、関東から来た客人などは最初は恐る恐る食べていたが、そのうちお代りをしたこともある。
もちろん酒のつまみとしてそのまま食べても美味しいし、締めの茶づけとしても最高である。
例によってこの日の私の入選句をご紹介しよう。

 名物の博多ごま鯖茶漬け喰ふ  英世

スポンサーサイト

コメント

お早うございます。

大津様、ととろサン、認知の始まり・・・
「もう何十年も口にしていません」が正解。
ほんとにまあ・・・頭の中ボケて来ています。
それを実感する日々です(爆笑)

Re: ごま鯖は博多の味ですね。

こんにちは。
今日は孫の愛莉の運動会でした。
青物の魚を食べられないとは残念ですね。ずいぶん前のことだとお聞きしていますが、こんなに医学が進歩してもダメなんでしょうかね。

ごま鯖は博多の味ですね。

大津様、
 大分も博多も鯖は美味。新しいので「ごま鯖」や「しめ鯖」
に。ご隠居がしめ鯖大好きなので、家で良く作ります。
が…私はC型肝炎以来医者から貝や青物魚の生は
食べないようにと言われて、どちらも大好きなんですが
もう何十年口にしています。夫が美味しそうに食べるのを
眺めるだけです(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/747-708a4670

 | BLOG TOP |