六月に入る

今日から六月である。
今朝の空は素晴らしく晴れ上がっているが、六月と言えば梅雨の走りで後半から本格的に梅雨に入ることが多く、長い時には七月の中頃まで続く。
いつぞやもお話ししたが、この時期に降る驟雨がちょうど陰暦の五月に当たることから、五月雨と言うようになった。
最近は気象予報でも五月に降る雨を五月雨と呼んだりしているようだが、本来はそのような明るい五月の雨ではなく、長くじめじめして時には強く降る梅雨のことなのである。
ところが、今年はその梅雨が長引きそうだと言う。
太平洋東部の赤道付近の海水温が一部で高くなる、つまりエルニーニョ現象で、日本付近は気温が低く梅雨が長引くかもしれないという予報である。
自然災害の危険もあるが、農家出身の私はそれ以上に農作物に被害が出ないようにと願って止まない。

 五月雨やいまも荒ぶる筑後川  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/755-b323e4eb

 | BLOG TOP |