六月の花ごよみ「あやめ」

今月の季節の花はあやめをご紹介しよう。
菖蒲と書くあやめの種類は多く、「いずれがあやめかきつばた」と昔から言われているように見分けの難しい花でもある。
NHK気象キャスターの吉竹さんも言っていたが、先ず種類別に分けると菖蒲(あやめ)、杜若(かきつばた)、花菖蒲(はなしょうぶ)の三種に分類され、それぞれに花の色、葉の主脈、花の特徴、生育敵地等に違いがある。
ここでその違いをいちいち取り上げていたらページがなくなってしまうので、一番見分けやすい点だけをご紹介すると、花に網目模様があるのが菖蒲で、網目がなく白い斑紋があるのが杜若、黄色い斑紋があるのが花菖蒲とだけ覚えておけば、吟行などで困ることはないだろう。
植物園などで実際に自分の目で確かめて見るとよくわかるかもしれない。

 軋ませて渡る八橋花菖蒲  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/756-6d876a85

 | BLOG TOP |