椎の花

日本には松、杉、樫、樟など一年を通して美しい緑色した常緑樹がある。
これらを総称して常盤木と言うが、椎の樹もその一つである。
椎の木は5月頃盛んに落葉して新しい葉と交替するが、それが六月になると淡黄色の細かい花を穂状に付ける。
椎の木は大樹であるので、遠方から見ると椎の大樹全体がまるで白い埃を被ったように見える。その椎の雄花は強い香りを放つのでそれとすぐにわかる。
近くの裏山には椎の仲間のすだ椎が群生していて、季節になるとその香りが我が家まで漂って来るほどである。その椎の花が今回の兼題であった。
例によってこの日の特選句をご紹介しよう。

 椎の花匂ふ炭焼窯の跡  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/774-f3b6b43d

 | BLOG TOP |