博多祇園山笠

先日別の句会で吟行し、今月号の冬野「吟行あれこれ」でも詳しく紹介している博多山笠が今回の兼題だった。
吟行あれこれでは、「博多には一年を通して様々な祭があります。中でも博多三大祭と呼ばれるどんたく、山笠、放生会は、全国的にも有名で、博多っ子の心の拠り所となっています。その三大祭の中でも、特に博多祇園山笠は勇壮で賑やかな祭として親しまれています。
山笠の歴史は古く仁治二(一二四一)年、承天寺の聖一国師が疫病除去のために施餓鬼棚に祈祷水(甘露水)を撒いたのが始まりとされています。・・・・」の書き出しで紹介しているので、機会があればお読み頂きたい。
その山笠がいよいよ動き出し、15日の追い山でフィナーレを迎える。また街中が早朝から熱くなることであろう。
例によってこの日の特選句をご紹介しよう。

青き目も山笠の漢となりにけり  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/799-cf2775ed

 | BLOG TOP |