ざるそば

ずいぶん前に、「素うどん」か「かけうどん」かと下らないことをお話ししていたが、いつの間にか季節は移ってざるそばが美味しい季節となっていた。
先日も吟行の昼食で二味(ふたあじ)冷しそばなるものを食べたが、普通の蕎麦汁とくるみの汁の二味でこれがまた絶品であった。
福岡はうどん発祥の地で蕎麦の文化は薄いと言われているが、それでも蕎麦の名所や名店はたくさんある。
もちろん地元の蕎麦屋が主であるが、他の店かそば処の地で修行した人が開いたと思われるチェーン店もある。
私がよく行く三瀬峠は地元でそば街道と呼ばれる蕎麦屋の多いところでもある。
中でも店名が即「三瀬そば」と言う蕎麦屋は板そばで人気を博しているが、その板そばはどことなく山形の板そばを思わせる。
他にも東京の醬油味を基本とした「飛びうめ」や「多め勢」、出雲そばの流れの「加辺屋」、その名もズバリ「戸隠そば」など、居ながらにして全国のそばを嗜むことができる。
蕎麦一つとっても福岡は大都会だなと妙に実感させられた。

 ざる蕎麦のビールの後のうまさかな  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/802-44dfc9de

 | BLOG TOP |