泥鰌鍋

鮓と一緒に出された兼題が泥鰌鍋であった。
昔福岡の天神横丁に泥鰌屋があったが今でもあるのだろうか。
泥鰌鍋は小さな泥鰌をよく洗って出し汁と調味料でじっくりと煮込んだもので、私も東京の単身赴任中に訪ねて来た弟と有名な浅草駒形の泥鰌鍋を一緒に突いたことがある。
その時くしくも弟が言った言葉は「この泥鰌小さいね」と言うことであった。
実は私も最初にこの駒形の泥鰌鍋を食べた時にそのあまりの小ささに、可哀そうになって手をつけるのを躊躇ったほどである。
私の子供の頃は庭先の流れに泥鰌がたくさんいて、それを筌で取って食べたものであるが、それは大人の親指ほどの大きさで、長さが15センチほどもあった。
泥鰌の種類が違うのかもしれないが、私たちは泥鰌鍋にすることはなく鰻と同じ様にほとんど蒲焼で食べていた。
それでも兼題は泥鰌鍋である。泥鰌鍋を食べたことのない人はどうするのだろうと思いながら、浅草で食べた泥鰌鍋を詠んだ句の中から、この日の特選句をご紹介しよう。

 一周り違ふ弟や泥鰌鍋  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/805-4ea4d52d

 | BLOG TOP |