冬野八月号

冬野八月号が手許に届いた。いつものように掲載句を読みながら次回の兼題や行事予定に目を通す。例によってその他の入選句と併せてご紹介しよう。
なお、私が執筆している俳句エッセイ「吟行あれこれ」は博多埠頭であった。
冬野八月号
 紅薔薇や閨秀画家の白き指
 観世寺の撞かずの鐘や夕薄暑
 若葉してまだ新しき恩師の碑
 宝殿の馬頭観音若葉風
 牡丹の気だるき昼を散りにけり
 薫風や声にして読む万葉碑
 咲き揃ふことが踊子草らしく
 根切虫子の宿題を台無しに
 芍薬の昨日の蕾今日はもう
 燕の子既に序列のありにけり
 石庭の石の黙解く苔の花
 早乙女の巫女に戻りて薄化粧
冬野インターネット句会
 道問へば先に立つ子や雲の峰
 五月雨や神の阿蘇より筑後川
 色褪せてこその親しさ夏帽子
 連泊の山の匂ひの夏帽子
俳句ステーション
 負けてなほ糸を吐きゐる喧嘩蜘蛛
 医者の言いつも変らず梅雨寒し
 津波めく土用波来る熊野灘
 たかが蚊と思へど夜の修羅場かな(特選天賞)
愚陀佛庵インターネット句会
 田に映る富士を崩して田植唄

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/822-fe62000c

 | BLOG TOP |