温水洗浄トイレ

朝からトイレの話で恐縮だが、今日は温水洗浄トイレの話である。
我が家は俗に言うオール電化住宅だが、その中で重宝しているのはキッチンやエアコン、TV・IT関連を除けば深夜電力温水器、ランドリー、温水洗浄トイレである。
温水器は好きな時にお湯やお風呂が使えるし、ランドリーは梅雨時の洗濯も苦にならない。そして一番のお勧めが温水洗浄トイレの快適さ、清潔さである。
温水洗浄トイレは外国観光客にも大人気で、今や日本のトイレの文化、常識となっている。
ところが常識となっているこのトイレで困ったことがある。
デパートやレストランなど民間の施設はほとんどこれが設置されているが、公共の役所や公民館、図書館、駅などには殆んど設置されて居らず、設置されているのはふくふくプラザなどの福祉トイレに限られている。
外出先で設置されていないトイレに出会うと我慢して他を探すことにしている。
役人はこの温水洗浄トイレをゴルフや高級装飾品のような贅沢品扱とし、その贅沢品に国民の税金の無駄遣いは出来ないとでも思っているのだろうか。
高齢者が増えていく日本で、このような考えはどうかと思うのだが。

 真夏こそ洗浄トイレの快適さ  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/823-1aa9264d

 | BLOG TOP |