水撒きと雨

朝の水撒きは私の日課(与えられた仕事)だが、先日その水撒きのことで家内と一悶着あった。
家内が遅く起きて来て「水撒きはもう済んだの」と聞くので、「今日は9時ごろから夕方まで雨が降る」と言ったところ猛烈な反発を食らった。
雨が降ると言うが降らなかったらどうするの、花たちが可哀そうでしょうがときた。
私は雨が降らなかったら気象台かNHKの吉竹さんにでも電話したら と言ったところ、それ以来口も利かなくなった。
このところの天気予報はよく当るので、私もそれを信じて水を撒かなかったが、妻の無言に負けてしぶしぶ蚊に刺されながら水を撒いた。
すると予報通り10時頃から小雨が降ってきた。家内はそれでもしばらく口を利いてくれなかった。
今朝も似たような天気予報だが、はてどうしたものか。

 雨と言ふ天与の水や花芙蓉  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/842-f4c42003

 | BLOG TOP |