俳人とは

俳句を始めて間もなく15年になろうとしているが、このところ自分は果たして俳人と言えるだろうかと考えるようになった。
俳句を嗜むと言っても全国的な大結社に所属している訳でもなく、ましてやその同人になる気などさらさらない。もちろんそこまでの才能もない。
他にすることも多く、そこまで俳句にのめり込みたくないと言うか、縛り付けられたくないと言うのが本音かも知れない。
でも、俳句は楽しみたい。
よく言う話だが、もし俳句と言う趣味を持っていなかったらと思うとぞっとする。
お金のかかる趣味は金の切れ目と共に長続きしないだろうし、体力のいる趣味はいずれ向うから敬遠されてしまうだろう。やはり私の居場所は地方結社のこの俳句にしかないようである。
俳人にプロとアマがいるならば、私はさしずめ永世アマ俳人と言うことであろうか。

 野に山に俳句に遊ぶ放屁虫  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/854-ccfb2e8c

 | BLOG TOP |