敬老の日

005_20150922065824571.jpg

父の日でもなく母の日でもない、ましてや二人の誕生日でもないのに、敬老の日だからと息子が魚沼産コシヒカリとお菓子をプレゼントしてくれた。しかも熨斗にはお祝と書いてある。
私たち夫婦はまだまだ元気で敬老される年齢ではないと思っているが、息子たちからすればもう十分に長生きしてくれたと思っているのだろうか。
それにしてもお祝の品がコシヒカリとは。息子曰く「たまには美味しい御飯でも食べてくれ」と言う。
いつも安物のお米を選って買っているのを見透かされたような気分であったが、もしそうだとしても素直に有難うと言わねばなるまい。
20日の夜は息子と隣に住む娘の家族全員揃って我が家で食事、そして昨日21日は孫の愛莉の希望で香椎花園に遊びに行った。愛莉と妹の菜々美と遊戯具の乗り物に何度乗ったことだろうか。
また、私と家内にそんなつもりはなかったのだが、夜は寿司屋でこれまたすべて息子夫婦にご馳走になった。何と言っても息子のお嫁さんの配慮に感謝感謝の一日であった。
思わぬハプニングの連続であったが、爺としてはこれよりの幸せはない敬老の日だった。

 己が歳わざと忘れて敬老の日  英世

017_201509220658391c0.jpg 004_20150922065830cba.jpg
008_201509220658357d8.jpg 018_20150922065827bdd.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/873-51225281

 | BLOG TOP |