九月が終る

関東・東北に大きな爪痕を残した水禍の9月が終った。
テレビで見ていると、旅で訪ねたことのあるあの美しい鬼怒川が決壊するとは思いもよらぬことであった。
あまり政治のことは言いたくないが、その自然災害をよそに国会は荒れに荒れて、とうとう安保法案を無理押ししてしまった。
安倍首相の言う戦争の抑止力になるのか、あるいは野党の言うように戦争への道筋なのか、私にはどうも後者のように思えて仕方がないのだが、
先の大戦では私の身内にも何人もの戦死者を出した。幼馴染や同窓生にも戦争で父を亡くした母親だけの友人が何人もいる。大陸から命がけで引き揚げて来た親友もいる。
永遠の平和は戦争なしでは得られないのだろうか。いずれにしても戦争には絶対反対である。

 秋風や国会周辺吹き荒るる  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/881-455b8916

 | BLOG TOP |