冬野十月号

昨日は腰痛のリハビリも兼ねて秋真っ盛りの植物園を散策した。園内はコスモスなどの秋の花々が折からの秋風になびいていた。
さて、先日冬野十月号が届いた。例によってその他の句会と共に入選句をご紹介しよう。
なお執筆中の吟行あれこれは、炭都を偲ぶ「石炭・歴史博物館」でした。
004_20151005065406d45.jpg 003_201510050654013f6.jpg
冬野十月号
 朝刊を開けば梅雨の明けてをり
 師弟句碑拝す心に草を引く
 虹遠く日照雨の道となりにけり
 一村を水に浸して青田風
 静雲の墓は裏口道をしへ
 偽物と承知の上で買ふ夜店
 ソーダ水ストロー二本所望せり
 水羊羹つるり冷りと喉滑る
 忘れ物せしかに残暑ぶり返す
 新墓碑に縋り哭きゐる秋の蟬
冬野インターネット句会
 月白や逝きし友の名呼んで見る
 とんばうの吾が鼻先を反転す
 島よりの月従へて渡船着く
 白無垢の秋日に映ゆる宮居かな
俳句ステーション
 攻め上る雲の疾さや青嵐(特選天賞)
 まづ語りかけて小さき墓洗ふ(特選地賞)
愚陀佛庵インターネット句会
 曖昧な妻の相槌秋暑し
001_20151005065350dbd.jpg 002_201510050653554ee.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/886-e21df1c5

 | BLOG TOP |