秋の風

十月も半ばになると秋風がしみじみと身に染みて来る。その秋の風が今回の兼題であった。
秋の風と言っても具体的にこのような風という決まりはなく、北からか西からかあるいは強いのか弱いのか様々ではっきりしない。
ところが、四季の風の中でも古来より詩歌に多く詠まれて来たのがこの秋の風である。
秋から冬への季節の移り目で、冷気も日増しに加わり、草木も枯れて行くので日本人にとっては自然と秋風が身に染みるようになるのであろう。
傍題にある爽籟は秋風の爽やかな響きを言い、金風もまた美しい秋の風のことである。
その秋の風を詠んだこの日の特選句をご紹介しよう。

 秋風や我が家女系となる予感  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/893-be9187c5

 | BLOG TOP |