手作りの遊び道具

先日愛莉の家を訪ねたら、部屋中に玩具が散らばっていた。人形やままごとセットからお絵かきセット、もちろん流行の妖怪ウォッチもある。
よくみるとそれはみな市販のものばかりで自分で作ったものなど何もない。
ふと私たちの子供の頃の遊び道具を思い出した。
玩具を買ってもらえるような家などどこにもなく、親や近所の先輩から教わって作るしかなかった。
先日お話した柳の刀を始め、竹笛、ゴム鉄砲(パチンコ)、水鉄砲、船など数え上げたらきりがない。
長男の伸介が小学生の頃、田舎に帰った折に愛用の肥後の守(ナイフ)で竹笛を一緒に作ったことがある。
伸介はものを作る楽しさを知ったこと、竹笛の音色の美しかったことを覚えているとよく話してくれる。
手作りには量産にはない温かみがある。

 竹笛の奏でる秋の調べかな  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/904-f17d10c5

 | BLOG TOP |