あざみの歌

先日「坊がづる賛歌の宿り夏薊」の句を紹介したところ、友人から坊がづる賛歌と「あざみの歌」を懐かしく思い出したというコメントがあった。
そう言えばこのように郷愁を感じさせる歌が流行した時期があり、山に行くバスの中では全員で声をそろえて歌ったこともあった。
なかでも寅さんでお馴染みの倍賞千恵子の「あざみの歌」は女性陣の定番で、あのきれいなコーラスは今でも耳に残り心を慰めてくれる。
私もつい懐かしくなりYouTubeで聞いてみた。
あの透き通るような歌声は今の歌手にはなかなかない声のような気がした。
歌詞を紹介しよう。

山には山の 愁(うれ)いあり
海には海の かなしみや
ましてこころの 花ぞのに
咲きしあざみの 花ならば

  秋風に吹かれて坊がづる賛歌  英世

azami03.jpg azami01.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/91-22701991

 | BLOG TOP |