十一月に入る

先日からパソコンの調子が悪く、遂にDELLに買い替えた。まだ要領がわからずもたもたしている。
ところで、朝夕はめっきり冷え込んで来た。それもそのはずで今日から十一月である。
俳句の世界では陰暦で句を詠むことが常識となっているが、その陰暦で言うと十一月は半分が九月そして残りの半分が十月と言うことになる。
つまり、神々が出雲に旅立たれるのは新暦の十一月十三日からと言うことになる。それまでは神はまだ地元におられるので、神の留守で句を詠むのはおかしいことになる。
その神無月が私の生まれ月でもある。
母は私を生む時に多分神様に無事出産をお願いしたと思うが、その時神は留守だったのだから、神頼りなしに生れて来たことになる。
思えば滑稽な話だが願いは遠く出雲まで届いていたのであろう。
とにかく無事生まれて来たことに感謝し、今月も元気で過ごさねばなるまい。

 神無月すなはち吾の生れ月  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/913-b5494dc5

 | BLOG TOP |