○○賞の時だけ

このところのノーベル賞ブームが一段落したが、私にはどうしても腑に落ちなのがメディアの取り上げ方である。
ノーベル賞の時期だけにやたらと物理や医学などの科学問題を取り上げ、がやがやと騒いでお祭りムードにしているような気がする。
文学の直木賞、芥川賞の時も然りである。受賞の結果だけがやたらと大きく取り上げられ、書店には彼らの作品が一斉に店頭を占拠する。
受賞に至るまでには並々ならぬ努力や研究成果があったはずだが、メディアが受賞以前に彼らの功績を取り上げることは極めて少ない。
また、ノーベル賞の受賞は日本国民にとっても光栄なことではあるが、候補者は彼らだけではないはずである。
それらの受賞から外れた科学者や文学者を丹念に発掘し、紹介して行くのもメディアの役割ではなかろうか。

 夫婦して受賞の笑顔菊香る  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/926-91266b27

 | BLOG TOP |