秋雨

20日間近くも続いた猛暑が嘘のように昨日今日と雨が降っている。
雨を喜びつつもその雨たるやまるで梅雨末期を思わせる豪雨で、降りすぎるのも何かと問題である。
特に昨日は野歩きをすると言う家内を天神まで送って行ったが、予想通りこの大雨で計画は中止、そのまま我が家に引き返したが当然の判断であろう。
人間は我儘なもので雨が降らなければ降らないで雨を乞い、振りすぎれば降りすぎたでまた雨を恨む。
前にもお話ししたことがあるが、裏の里山「鴻巣山」には水神様の小さな祠がある。おそらくかつてはここで雨乞いの儀式を執り行っていたのではなかろうか。
また、昨今は自然に挑戦するかのように人工降雨が試みられている。ただ、降り出した雨は人工降雨によるものか自然の雨かはっきりとは分からないらしい。
自然はそう甘くはないのではなかろうか。

 秋雨や胸なでおろす老農夫   英世

048.jpg 050.jpg
051.jpg 052.jpg

スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

乙羽様

おはようございます。
家内が「あるこう会」の幹事をしているものですから、とにかくこの雨でも出発地集合で、みんなの意見を聞いて判断するといことで、天神まで行きました。
大勢だと個人個人に思いがあり判断が難しいですね。
淡いピンク色の花は私も名前がわかりませんでした。

英世さま、こんばんわ。
奥さまの山歩きが雨で中止になって残念でしたね。
ですがこれからいい季節になっていくのでチャンスはたくさんあるかと思います。
雨のあとの今日は、ずいぶん違いましたし。

画像のお花、とても綺麗です。
木槿とトケイソウと、あと一つは何でしょう。淡いピンクのかわいいお花ですね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/93-c9612e66

 | BLOG TOP |