間違い電話

面白い間違い電話が掛かってきた。
散歩中の公園で突然携帯が鳴った。「カラオケ教室のT.Kですが、奥さんいらっしゃいますか?」
私は当然高校同級生の彼がふざけているものとばかり思ったがどうも様子が違う。改めてこちらが名乗ると、「あら君か、間違えて掛けてしまった」と言う。
ただこれだけなら別に何の変哲もない間違い電話だが、それがなぜ面白いかというと、実は偶然私も彼に電話しようとしていたからである。
以心伝心ということはよく聞くが、今回の場合は全くそれには該当しない。単なる間違い電話だが、折角つながったのだからと、本来彼に聞きたかった年明けの同窓会のことなど長々と話してしまった。
こんな間違い電話があればあるものだと妙に感心してしまった。

 年の瀬や間違ひ電話もおほらかに  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/954-71329d0c

 | BLOG TOP |