初春の花ごよみ「福寿草」

fukuju21.jpg fukuju16.jpg

新年を寿ぐ花の一つに福寿草がある。
元来福寿草は春に咲くものであるが、花の少ないこの季節その名の持つ縁起良さから新年の花とされている。それだけに、今では正月用に盆栽仕立ての福寿草が育てられている。
福寿草はキンポウゲ科の多年草で、野生種は北海道から九州の山地に分布するが、主に北に多く西日本や九州には少ない。
事実私も北関東の山野で見かけたことはあるが、九州では園芸種を見ただけで野生種を見たことはない。
寒さに極めて強く、北では凍った土や雪を押し上げながら4~5センチの小さな黄色い花を付け、人々に早い春の訪れを告げる。

  萱ぶきの靄立つ茶亭福寿草  英世

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hideyo.blog69.fc2.com/tb.php/975-14a85a66

 | BLOG TOP |